プライバシーポリシー

最終更新日:2020年2月20日


はじめに

MediaMathのプライバシーポリシー(「本ポリシー」)をお読みいただきありがとうございます。当社は本ポリシーにおいて、MediaMath, Inc.および当社の関連会社に言及するために、「MediaMath」および「当社」という用語を使用します。

MediaMathは、当社が独自のTerminalOne™プラットフォーム(「プラットフォーム」)を通じて個人(「ユーザー」、「お客様」)に関するデータを処理する場合、お客様が当社のウェブサイトwww.mediamath.com(「ウェブサイト」)にアクセスする場合、および当社が本ポリシーに定めるその他の方法を通じてお客様からMediaMathに提供された連絡先情報に基づきマーケティング活動に従事する場合、お客様のプライバシーを保護することをお約束します。

本ポリシーは階層型のフォーマットになっているため、関心のある特定のセクションをクリックすると、そのセクションに移動できます。

1. 重要な情報および当社の概要


本ポリシーの目的

本ポリシーは、お客様がウェブサイトにアクセスする際、および本ポリシーに定めるその他の方法を通じてお客様からMediaMathに提供された連絡先情報に基づくマーケティング活動に当社が従事する際に、MediaMathがプラットフォームを通じてお客様に関する個人データ、個人情報またはそれらにお客様の法域においてそれに相当する用語(「個人データ」または「個人情報」)を収集および処理する方法を定めたものです。また、かかる個人データの使用、データを保護するための措置、当社がデータを開示する相手、ならびに当社がお客様に関する個人データを収集および処理する方法に関してお客様が有する選択肢および権利に関する当社の慣行も定めています。

本ポリシーを注意深くお読みいただき、当社がお客様の個人データを使用する方法および理由について十分にご理解ください。

当社の概要

MediaMathは、デジタル広告メディアおよびデータ管理テクノロジーの世界的な提供者です。当社は、広告主が自らの望む顧客に対しより効率的なアプローチを行うための一助として、テクノロジープラットフォームおよびサービスを提供しています。こうしたテクノロジーにより、広告主が得られるパフォーマンス、透明性および管理が改善され、ユーザーのインターネット体験も向上します。当社の需要重視のプラットフォームを利用することで、広告主や広告代理店といった当社のクライアントは、自動化された方法により、ディスプレイ広告、動画広告、音声広告、ソーシャル広告、ネイティブ広告、屋外デジタル広告(大型の屋外広告板、タクシーやバスで目にする広告など)、モバイル広告などの広告インベントリをパブリッシャーから購入できるようになります。当社のデータ管理プラットフォームでは、データのオンボーディング、セグメント化、有効化および理解のためのツールをクライアントに提供しています。

プラットフォームやウェブサイトの運営、またマーケティング活動においてMediaMathがお客様の個人データを管理者として処理する場合、お客様の個人データの管理者はMediaMath, Inc.となります。当社クライアントがMediaMath GmbHと契約している場合は、MediaMath, Inc.と0の両方がお客様の個人データの管理者となります。

MediaMathは、デジタル広告におけるユーザーのプライバシーに関するポリシーを定めている業界団体のメンバーとして精力的に活動しています。かかる業界団体には、本ポリシーの策定時点で、ネットワーク広告イニシアチブ(「NAI」)、デジタル広告連合(「DAA」)、DAAカナダ、欧州インタラクティブDAA、米国、欧州その他世界各国のインタラクティブ広告協議会、全米広告主協会が含まれます。MediaMathは、「NAI行動規範」、DAAの「オンライン行動ターゲティング広告に対する自主規制原則」およびDAAの「自主規制原則のモバイル環境への適用」に準拠しています。当社は、これらのプログラムの原則がユーザーのプライバシー保護に役立つと確信しています。

NAI AdChoices    EDAA    iab

 

お問い合わせ先

法的権利を行使するための要請など、本ポリシーに関して何かご質問がある場合、および/または障害のために本ポリシーへの電子的アクセスができず、別形式での提供を希望される場合には、以下の方法でお問い合わせください。

  • 米国その他の欧州経済地域(「EEA」)外の国にお住まいのお客様:
    • 電子メール:privacy@mediamath.com
    • MediaMath, Inc.への郵送:Attn: Alice Lincoln, 4 World Trade Center, 45th Floor, New York, NY 10007.
    • カリフォルニア州にお住まいのお客様で、カリフォルニア州消費者プライバシー法(「CCPA」)についてお問い合わせされる方は、上記の方法のほか、当社のCCPAヘルプライン(フリーダイヤル:1-844-966-4636)へのお電話でもお問い合わせ可能です。
  • EEA内にお住まいのお客様は、本ポリシーに関する質問の監督責任者であるデータ保護オフィサーのMelinda Clemansまで、以下の宛先にお問い合わせください。
    • 電子メール:privacy@mediamath.com
    • MediaMath UK Ltd.への郵送:Attn: Melinda Clemans, 230 Blackfriars Road, London, SE1 8NW

お客様は、自らの個人データの処理に関する苦情を管轄当局に提出する権利を有します。当社はお客様のプライバシーに配慮しており、お客様が苦情を申し立てる前に懸念事項に対処する機会をいただければ幸いです。

本ポリシーの変更

MediaMathは、本ポリシーを適宜修正する場合があります。最終更新日は、本ポリシーの冒頭に明記されています。本ポリシーには、明記されている日付より前の12カ月間の当社による個人データの取り扱い方法について記載されています。個人データの収集・使用の有無、またはその方法を大幅に変更する場合、もしくはそれらに影響する修正を行う場合、当社は、その変更が有効となる前に、電子メール(当社ウェブサイトのユーザーもしくは当社のマーケティング通信の受信者として、お客様が当社に電子メールアドレスを提供している場合)または当社ウェブサイト上での通知により、その旨をお客様に通知します。当社の最新のポリシー・慣行を常に把握しておくことができるよう、本ポリシーを定期的にご確認ください。

お子様に関する個人データ

MediaMathの製品およびサービスは、お子様(法域によって定義が異なります)を対象としておらず、お子様からまたはお子様に関する個人データを意図的に収集することはありません。13歳未満のお子様からまたは当該お子様に関する個人データを受け取ったことが判明した場合、当社は、合理的な努力を払って当社の記録からかかるデータを削除します。

リンク、その他のウェブサイトおよびその他の第三者

本ポリシーは、当社がそのプラットフォーム、ウェブサイト、および本ポリシーに定めるお客様とのその他のやり取りに関して収集および処理するお客様に関する個人データにのみ関連しています。MediaMathのウェブサイトには他のサイトへのリンクが含まれており、プラットフォームによって配信された広告は他の様々なサイトで実行される場合があります。これらのリンクをクリックする、他のサイトにアクセスする、またはこうした接続を有効にすることで、第三者がお客様に関するデータを収集または共有することが可能になる場合があります。MediaMathは、これらの第三者のサイトを管理せず、かかるサイトのプライバシー慣行に対する責任を負いません。お客様は、これらの第三者のサイトのプライバシー声明を確認し、第三者がお客様の個人データを収集および使用する方法を把握しておく必要があります。また下記第5条に説明する通り、第三者は、お客様がウェブサイトにアクセスした際にお客様から得た個人データを処理する場合があります。こうした処理は、当該第三者のプライバシー声明に準拠します。

2. プラットフォームを通じて収集される個人データ

MediaMathは、プラットフォームを介してお客様に広告を配信する過程で特定のカテゴリの個人データを収集しますが、お客様のMediaMathに対する要請に関連してお客様から提供を受ける場合を除き、氏名、住所、電話番号、政府発行のID(例:社会保障番号)などの識別情報を意図的に直接収集することはありません。代わりに、MediaMathは、以下に説明する通り、クッキーおよびその他の類似するテクノロジーの使用を通じて、お使いのコンピュータまたはデバイスに関する特定の個人データを収集します。

当社は、ブラウザ、デバイス(モバイルデバイスなど)、コネクテッドテレビ、オーバーザトップテレビ(「OTT TV」)その他当社による広告配信時にお客様が目にする画面やお客様がクライアントのデジタルプロパティにアクセスするために用いる画面に対し、MediaMath IDという一意の識別子を割り当てる場合があります。デジタルプロパティには、ウェブサイト、電子メール、アプリ(「デジタルプロパティ」)を含みます。MediaMath IDにより、プラットフォームが、ブラウザまたはデバイスが以前にやり取りしたものと同じであることを、妥当な信頼レベル内で判断することが可能になります。例えば、MediaMath IDは、当社が月曜日に広告を表示したブラウザまたはデバイスが、火曜日に購入を確認したものと同じである可能性があると判断することができます。MediaMathは場合によって、クライアントやパートナーから取得したデータに基づき、特定のブラウザまたはデバイスが、同じMediaMath IDと関連しているはずだと、妥当な確率で推測することができます。複数のブラウザやデバイスを同一のMediaMath IDに関連付けることが可能な場合には、この情報を使用して、複数のブラウザやデバイスにターゲット広告を配信することができます。これは、クロスデバイス広告と呼ばれることがあります。

MediaMath IDは、クッキーID(MediaMathが認識されていないブラウザにランダムに割り当てる固有のID)、モバイル広告ID(Appleの広告IDまたはAndroidの広告IDなどのモバイルオペレーティングシステムが割り当てる固有のID)、またはOTT TVデバイスの広告ID(Rokuの広告IDなど、OTT TV事業者が割り当てる固有のID)であることがあります。

お客様のMediaMath IDは、個人データとして扱われ、当社がお客様に関して収集する他のカテゴリの個人データと関連付けられます。こうしたカテゴリには、以下が含まれます。

  • ビッドリクエストデータおよびインプレッションデータ:MediaMathは、デジタルプロパティ上で広告を表示する機会を得た際にお客様に関する個人データを取得し、また当社が広告を配信する際に追加のデータを収集します。当社では、このデータをビッドリクエストデータおよびインプレッションデータと呼びます。ビッドリクエストデータおよびインプレッションデータは、お客様のブラウザやデバイス、パブリッシャーなどのメディア供給元(すなわち、デジタルプロパティを運営している組織)、さらにパブリッシャーのデジタルプロパティ上で広告を表示するエクスチェンジプラットフォームやサプライサイドプラットフォームから取得されます。これには、インターネットプロトコル(「IP」)アドレス、概略位置(国、地域、郵便番号など)、ブラウザの種類(Chrome、Internet Explorerなど)、オペレーティングシステム(Mac OS、Windowsなど)、ブラウザの言語(英語、スペイン語など)、インターネットサービスプロバイダー(Comcast、Verizonなど)などのデータが含まれ、これらは、お客様がお住まいの法域で個人データと見なされる場合があります。さらに、当社のパートナーがお客様のブラウザやデバイスに割り当てたIDも含まれます。
  • ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ:MediaMathのクライアントは、お客様がデジタルプロパティにアクセスした際、お客様とのやり取りに関する個人データをプラットフォームにインポートする場合があります。お客様が当社のウェブサイトを訪問した際には、当社も同様に個人データを収集する場合があります。これには、お客様がサイトを訪問した時間、ページのURL、お客様のIPアドレス、お客様のブラウザのタイプ(ChromeまたはInternet Explorerなど)、オペレーティングシステム(Mac OSまたはWindowsなど)、お客様が使用しているデバイスの種類(ノートパソコンまたはデスクトップパソコンなど)、デジタルプロパティでのお客様の行動に関するデータなどのデータが含まれ、これらは、お客様がお住まいの法域で個人データと見なされる場合があります。例えば、お客様がオンラインで製品を購入する場合、お客様のオンラインショッピングカートに製品を入れるか、オンラインで購入した際に、ウェブサイトまたはアプリと関連付けられているクライアントは、プラットフォームを使用して、この個人データを収集し、後に当該製品に関連する別のサイトまたはアプリ上で広告を表示させる場合があります。MediaMathのクライアントはさらに、ハッシュ化された電子メールアドレスなど、お客様の直接的な身元を明らかにするものではない、ハッシュ化された個人データを収集するために、プラットフォームを使用する場合があります。デジタル広告では、通常、識別可能な個人データを匿名化するためにハッシュ化処理が用いられます。上記すべてのものをピクセルデータといいます。クライアントはまた、当社クライアントが作成するまたは第三者の供給元から独自に取得するセグメントなど、プラットフォーム外から得た個人データをインポートすることがあります。セグメントとは、1つまたは複数の属性(「自動車マニア」など)を共有する複数の個人の集まりをいいます。これらの個人は、セグメントのオンライン識別子によって識別されますが、氏名または個人の身元を直接明らかにするその他の個人データで識別されることはありません。クライアントは、クライアントの店舗におけるお客様の買い物に関するデータなど、オフラインで収集または独自に取得した個人データをインポートすることもあります。クライアントのオフラインデータはまず、クライアントまたは第三者が処理します。クライアントまたは第三者は直接的に識別可能な個人データを除去し、MediaMath IDを割り当て、処理のためにファイルをMediaMathに伝送します。このデータは、その他のクライアントデータといいます。
  • 第三者のセグメントデータおよびその他の第三者データ:当社は、当社または当社クライアントが広告の目的で使用するためのセグメントを作成し当社に提供するオーディエンスプロバイダーと連携しています。このデータは、第三者のセグメントデータといいます。当社はまた、(「クッキー同期」と呼ばれるプロセスを通じて)MediaMath IDとパートナーのIDを関連付けることが可能な個人データ、およびお客様の様々なデバイス同士を関連付けるデータを第三者パートナーから取得します。当社は、特定の第三者から、お客様がテレビで閲覧した動画コンテンツに関する個人データを取得する場合があります。本ポリシーにおいてこの個人データをその他の第三者データといいます。
  • 個人データの特別なカテゴリまたは機密のカテゴリ 当社は、EEA内の個人に関する特別なカテゴリの個人データを意図的に収集することはありません。当該情報には、人種もしくは民族的出自、政治的な意見、宗教もしくは哲学的信念、労働組合の加入状況、健康、性生活または性的指向に関する個人データ、および遺伝子もしくは生体データが含まれます。MediaMathはまた、その他の機密のカテゴリに関するデータ(お子様、金融口座番号、保険制度の番号および刑事上の有罪判決または犯罪歴に関する個人データなど)を意図的に収集することはありません。

3. 当社がプラットフォームを通じて個人データを収集する方法


プラットフォームは、お客様の個人データを収集するため様々なテクノロジーを使用しています。

当社がお客様のブラウザやデバイスから収集する個人データ

ほとんどのデジタルマーケティングプラットフォームと同様、MediaMathはクッキーおよびその他のテクノロジーを使用して、ブラウザおよびデバイスを認識し、第2条に記載のカテゴリの個人データを収集します。これにより、当社および当社クライアントは、お客様の関心を推測し、より関連性のある広告をお客様に配信し、その広告の影響を測定し、お客様のデジタルメディアの使用パターンに対する理解を深めることができます。

当社がコンピュータおよびデバイスを特定することを可能にし、またプラットフォームが機能してより関連性の高い広告を提供できるようにする、プラットフォームを通じて使用されるテクノロジーの種類には、以下のものが含まれます。

  • クッキー – クッキーは小サイズのテキストファイルです。MediaMathは、クッキーを使用して、インターネットブラウザを一意的に識別します。ブラウザやブラウザの設定によっては、クッキーがブロックされる場合や、クッキーが効果的に機能しなくなる場合があります。
  • ピクセル – ピクセルは、当社、当社クライアントおよびパートナーが、ユーザーによるそのデジタルプロパティとのやり取りを理解するために使用する透明画像、iFrame、JavaScript、またはモバイルSDKです。

当社が第三者から収集する個人データ

上述の通り、当社は、オーディエンスデータパートナー、メディア供給元、エクスチェンジプラットフォーム、サプライサイドプラットフォームといったクライアントやパートナーなどの第三者から個人データを取得します。当社は、サーバー間の転送、「クッキー同期」と呼ばれるプロセス、およびブラウザからMediaMathに発信されるその他のクライアントやパートナーのコールを含め、様々な方法でこうした個人データを受け取ります。当社は、このような個人データのすべてをプラットフォームで処理します。

4. プラットフォームが個人データを使用する方法


当社は、クライアントに代わってより関連性の高い広告をお客様に配信するために、プラットフォームで個人データを使用します。また当社は、当社プラットフォームおよび当社が当社クライアントおよびパートナーに提供する製品やサービスを向上させ、新しい製品やサービスを生み出すためにも、個人データを使用します。以下に、当社がプラットフォームにおいてお客様の個人データの様々な組み合わせを使用する具体的な方法について説明します。


個人データの種類 目的/活動
  • MediaMath ID
  • ビッドリクエストおよびインプレッションデータ
  • ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ
  • 第三者のセグメントデータおよびその他の第三者データ
  • MediaMathのクライアントによるマーケティングキャンペーンの作成を可能にする
  • セグメントを作成する
  • MediaMathのクライアントによるセグメントの作成を促進する
  • 広告を表示する機会に関する決定を行い(どのクライアントのキャンペーンがビッドの機会に適しているか、各場合における入札価格など)、入札を行う
  • MediaMathのクッキーの設置、読み取りおよび変更、またモバイル広告IDや広告用OTT TVデバイスIDの読み取りを行う
  • ブラウザまたはデバイスに関する情報を収集する
  • 当社のパートナーによる個人データの収集を促進する(パートナーのピクセルまたはタグを当社クライアントのデジタルプロパティに置くことなどを含む)
  • お客様の推測される関心またはデジタルプロパティでの活動に基づき広告を配信する
  • こうした広告の効果を評価し、お客様の活動を当社クライアントのキャンペーンに起因するものと判断する
  • プラットフォームでのキャンペーンに関するレポートおよびユーザーレベルのデータを生成し、クライアントに提供する
  • 個人の好み、関心、行動または位置に基づき、自動的な意思決定およびプロファイリングを行う
  • クライアントが第三者のサービスを使用することを選択した場合、またはMediaMathがプラットフォームの一部として特定の機能もしくは能力を提供するため、または当社のプラットフォームならびに当社がクライアントやパートナーに提供している製品およびサービスを改善するために下請業者を起用している場合に、当該第三者にデータを移転する
  • 不正の検知および予防
  • MediaMath ID
  • インプレッションデータ
  • ピクセルデータ
  • その他の第三者データ
  • MediaMathのクッキーIDと第三者パートナーとの同期
  • MediaMath ID
  • インプレッションデータ
  • 第三者のセグメントデータおよびその他の第三者データ
  • ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ
  • 複数のブラウザおよびデバイス間の相互の関連付け
  • お客様の様々なデバイスを相互に関連付けるMediaMathのクロスデバイスグラフの開発、保守および商品化
  • クライアントのファーストパーティデータにオーディエンスメンバーシップを追加する
  • ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ
  • 第三者のセグメントデータおよびその他の第三者データ
  • MediaMath ID
  • 第三者のセグメントにデータピクセルをマッピングする
  • MediaMath ID
  • オプトアウトしたユーザーのオプトアウトの要求を尊重する
  • ビッドリクエストデータ
  • 所定の地域内でデバイスのハイパーローカルターゲティングを可能にする


セグメント

上記の通り、セグメントとは、1つまたは複数の属性を共有する複数のユーザーの集まりをいいます。適用されるデータ保護法および業界の自主規制団体によって容認される場合、

  • 当社クライアントは、健康増進や風邪薬および抗アレルギー薬に関心があるという予測など、非機密の状態についての健康関連のセグメントを使う場合があります。MediaMathのプラットフォームにおいてクライアントが使用するために提供される標準的健康関連セグメントの一覧やカスタマイズされた健康関連セグメントのサンプルを見るにはこちらをクリックしてください。
  • 当社クライアントは、政治的な情報や関心に基づくセグメントを使用する場合があります。MediaMathのプラットフォームにおいてクライアントが使用するために提供される標準的な政治的関心のセグメントの一覧やカスタマイズされた政治関連セグメントのサンプルを見るにはこちらをクリックしてください。

MediaMathは、当社が秘密情報であると見なす情報に基づくセグメントの作成を意図的に行うことはありません(例えば、当社は、お客様の人種もしくは民族的出自、政治的な意見、宗教もしくは哲学上の信念、労働組合の加入状況を明らかにする個人データ、お客様の健康、性生活もしくは性的指向に関する個人データ、または遺伝もしくは生体データなど、EEAにおいて機密であると見なされる個人データに基づき、EEAユーザーのセグメントを作成することはありません)が、当社クライアントはプラットフォームを使用して機密データ(EEAで機密に分類されるものを除く)の一部(当社クライアントのデジタルプロパティまたはパートナーが情報源である場合があります)を処理する場合があります。MediaMathは、人種、性別、所得範囲などの人口学的情報のうち機密情報と見なされないものに基づくセグメントを処理することがあります。当社は、当社のクライアントおよびパートナーとの契約およびポリシーにより、アクセス行為が必ず適用法および自主規制ガイドラインを順守するように措置を講じますが、かかる処理についてはクライアントが責任を負い、どのような質問もクライアントに直接問い合わせる必要があります。

自動的な意思決定およびプロファイリング

プラットフォームは、お客様に広告を配信する機会について入札するか否か、また入札する場合はどの程度入札するかついて決定を下すために独自のアルゴリズムを使用しています。お客様が目にする広告は、支出金額や支出する基準を特定するクライアントのキャンペーンと、当社のアルゴリズムの使用とを組み合わせた結果です。入札価格を決定するために当社がアルゴリズムを使用する方法は、特定の法域において自動的な意思決定と見なされることがあります。さらに、こうしたプロセスは、特定の法域において、下記のクライアントのキャンペーンと併せてプロファイリングを構成する場合があります。

上記の通り、当社は、お客様のブラウザまたはデバイスにMediaMath IDを割り当てています。独自のテクノロジーを使用することで、当社は、当社がお客様に関して収集するデータとこのMediaMath IDを関連付けるほか、お客様のある種の好みや行動に関して予測される詳細および人口統計情報を用いてセグメントを作成します。当社クライアントのキャンペーンの多くは、こうしたセグメントに依拠しています。例えば、お客様がモバイルデバイスで靴の小売業者のウェブサイトを閲覧した場合、当社は、お客様がスニーカーの購入に関心があると推測し、そのモバイルデバイスをスニーカー購入者セグメントに関連付けます。その後、クライアントがスニーカーを広告したいと希望する場合、クライアントは、お客様がお持ちのデバイス全体でそのセグメントを対象にすることができます。そして、MediaMathがコンピュータのブラウザに広告を表示する機会を得た場合、そのブラウザが当社のアルゴリズムによってお客様のモバイルデバイスと関連付けられていれば、MediaMathの入札テクノロジーは、前述のデータとアルゴリズムに基づき、入札をするかどうか、また入札をする場合は価格をいくらにするかを自動的に決定します。

当社が使用している自動プロセスは、お客様の法的権利(選挙権、提訴する権利または結社の自由など)、または社会的な便益を受けるか、市民権を得る権利に影響を及ぼすことはなく、お客様に対して法的効力を有するものでもありません。また当社は、EEAユーザーに関し、EEAにおいて特別なカテゴリに該当するデータに基づき、意図的に処理を行わず、自動的に決定を行うことはありません。下記の通り、お客様は、いつでもこの自動的な意思決定に反対する権利を有します。お客様は、第11条に記載の追加の権利を有する場合があります。

処理の法的根拠

当社が上記個人データを収集および使用するGDPRに基づく法的根拠は、関係する個人データおよび当社が処理する特定の状況により異なります。ただし、当社は通常、処理が当社(またはクライアントなどの第三者)の正当な利益となる場合に限りお客様から個人データを収集しますが、これは、お客様の権利(オプトアウトする権利)により無効となるものではありません。当社が当社(または第三者)の正当な利益に依拠してお客様の個人データを収集および使用する場合、この利益は通常、プラットフォームを運営し、当社クライアントに代わりお客様に広告を配信することです。当社は、その他の正当な利益を有する場合があり、該当する場合、当社はしかるべき時期にこうした正当な利益がどのようなものかをお客様に明示します。

当社がお客様の個人データを収集および使用する法的根拠についてご質問がある場合、または追加情報が必要な場合は、上記「お問い合わせ先」セクションに記載のいずれかの連絡先にお問い合わせください。

個人情報の販売

CCPAの適用対象となる事項として、MediaMathは、過去12カ月間、特定の処理目的により、プラットフォームで収集したすべてのカテゴリの個人情報を販売しました。カリフォルニア州にお住まいで、個人情報の販売からオプトアウトする権利の行使を希望されるお客様は、下記のカリフォルニア州居住者向け販売からのオプトアウトセクションに記載されている手順をご覧ください。

オプトアウトおよび選択のメカニズム

ターゲット広告からのオプトアウト

お客様は、MediaMathがお客様に関して収集するデータを制限したい、またはお客様のブラウザやデバイスを関心に基づくターゲット広告の対象としたくない場合は、下記のいずれかの方法により、いつでもMediaMathのトラッキングおよびターゲット広告からオプトアウトすることができます。オプトアウトした場合、ユーザーには引き続き広告が表示されますが、これらの広告はユーザーが関心を持つ製品またはサービスとあまり関係のないものになります。ターゲット広告により、ユーザーは、ユーザーにとって有益である可能性が高い広告やオファーを受け取ることができます。

オプトアウトは当社のプラットフォームにのみ適用され、第三者の会社が提供するプラットフォームからオプトアウトされるわけではありません。ただし、MediaMathおよび多数の第三者の会社から一度にオプトアウトすることも可能です。これを行うには、以下の「ターゲット広告からオプトアウトするその他の方法」をご参照ください。オプトアウトすると、MediaMathは、お客様のオプトアウトの選択を尊重するために必要な場合のみ、ならびに当社のブラウザおよびデバイス認識テクノロジーを改善するための限定的な調査および開発の目的(これはオプトアウトの選択を尊重する当社の機能の改善にも役立ちます)でのみ、お使いのブラウザ、アプリまたはデバイスからデータを収集します。オプトアウトすると、MediaMathはオプトアウトしたブラウザ、アプリまたはデバイスをターゲットとしたターゲット広告の表示も停止します。

複数のブラウザまたはモバイルデバイスを使用しており、それらのいずれでもMediaMathが収集するデータを制限したい、またはMediaMathのターゲット広告を受け取りたくない場合は、各ブラウザおよびデバイスで個別にオプトアウトする必要があります。

ブラウザでのターゲット広告からのオプトアウト

ブラウザをお使いの場合は、以下の「オプトアウトするにはこちらをクリックしてください」のリンクをクリックすることでオプトアウトできます。お使いのブラウザでクッキーが有効化されていない(第三者のクッキーが無効となっている場合を含みます)、または特定のアドブロックツールを使用している場合、当社のオプトアウト機能が適切に動作しない場合があることにご注意ください。また、クッキーを削除してもオプトアウトされない点にもご留意ください。クッキーをクリアする、または異なるブラウザやデバイスを使用する時は、オプトアウトの選択を再度行う必要があります。


このブラウザでのターゲット広告からオプトアウトする(ブラウザをご利用の場合)

このブラウザにおけるお客様の現在のMediaMathオプトアウトステータスは次の通りです。


モバイルアプリケーション環境でのターゲット広告からのオプトアウト

該当する場合、「AppChoices」モバイルアプリを使用して、モバイルアプリ環境でオプトアウトすることができます。このアプリケーションは、App StoreまたはこちらのDAAの「AppChoices」ページからダウンロードできます。


ターゲット広告からオプトアウトするその他の方法

以下のオプトアウトリンクにアクセスすることにより、ターゲット広告についてより詳しく知り、MediaMathや、同じく該当する自主規制組織のメンバーであるその他のオンライン広告会社からのターゲット広告をオプトアウトすることができます。


モバイルおよびOTT TVデバイスのアプリケーション環境で広告トラッキングを制限するその他の方法

お使いのモバイルデバイスおよびOTT TVデバイスのモバイルアプリ環境における広告トラッキングを制限することも可能です。その最も効果的かつ最新の方法については、これらのデバイスメーカーが提供する手順を参照するようにしてください。NAIにより、モバイルで利用可能なオプトアウトに関する詳細情報(こちら)とTVストリーミングデバイスで利用可能なオプトアウトに関する詳細情報(こちら)が提供されています。

MediaMathが広告トラッキングを制限する信号を受信するデバイスでは、お客様の選択を尊重するために必要な場合のみ、ならびに当社のデバイス認識テクノロジーを改善するための限定的な調査および開発の目的(これはお客様の選択を尊重する当社の機能の改善にも役立ちます)でのみ、お使いのデバイスからデータを収集します。MediaMathが広告トラッキングの制限シグナルを受信した場合、MediaMathはお使いのモバイルデバイスまたはOTT TVデバイスのアプリでのターゲット広告の表示も行わなくなります。


カリフォルニア州居住者向け販売からのオプトアウト

CCPAの定める個人情報の販売に関連する広告により、お客様は、お客様にとってより有益な広告やオファーを受け取ることができます。MediaMathによるCCPAの定める個人情報の販売を中止させたい場合は、以下の2つの手順を実行してください。

  1. 以下をクリックしてターゲット広告からオプトアウトします(オプトアウトしていないブラウザをご利用の場合)。上述の通り、ターゲット広告からオプトアウトした場合、MediaMathが収集するお客様に関するデータが制限され、お客様のブラウザやデバイスが関心に基づく当社のターゲット広告の対象外となります。

    このブラウザにおけるお客様の現在のMediaMathオプトアウトステータスは次の通りです。


     
  2. 個人データの削除を希望される場合は、privacy@mediamath.comまでお問い合わせください。

上記の手順を実行した場合、ユーザーには引き続き広告が表示されますが、これらの広告はユーザーが関心を持つ製品またはサービスとあまり関係のないものになります。

複数のブラウザやデバイスをお使いで、MediaMathによるそれらに関連付けられた個人情報の販売を希望されないお客様は、それぞれのブラウザとデバイスで個別に上記の手順を実行しなければなりません。そのためには、各ブラウザやデバイスでこのページにアクセスするか、下の第11条に記載されているいずれかの方法でMediaMathにお問い合わせください。お客様が委任代理人である場合も、同様の方法でお問い合わせください。

オプトアウト方法、または広告トラッキングの制限方法についてご質問がある場合は、privacy@mediamath.comにお問い合わせください。

5. 当社がウェブサイトまたはオフラインで収集する個人データ


お客様が当社のウェブサイト、もしくはMediaMathが使用している第三者の特定のマーケティングアプリケーションにアクセスする場合、またはお客様が下記のその他の方法でMediaMathとやり取りする場合、MediaMathは、お客様が当社に開示することを選択した場合に、お客様からある種の個人データを収集し、さらにある種の個人データを自動的に収集することがあります。お客様がウェブサイト上の特定の機能を利用する場合、第三者が、お客様から個人データを収集する場合があります。ウェブサイトにおいて、当社に別途提供された特定の個人データが反映されることがあります(ただしお客様が表示に同意することを条件とします)。

お客様が提供する個人データ

お客様がウェブサイトにアクセスする場合、お客様は、アカウントを設定するため、当社製品のデモなどの情報を要求するため、または質問するために、自らの個人データを提供することを選択できます。お客様はさらに、ウェブサイトを除くソースを通じて(例えば、お客様がMediaMathの主催するイベントに登録または参加する場合など)、自らの個人データを当社に提供することを選択できます。個人データには、お客様の氏名、電子メールアドレス、会社、役職、地域、およびお客様の事業に関する情報(業界、規模、収益および所在地など)が含まれる場合があります。お客様は、自らの裁量で追加情報を提供することができます。

お客様は、当社ウェブサイト上の一般アクセスが可能なブログで、当社に個人データを提供することもできます。お客様がこれらのエリアで提供する情報はいずれも、かかるエリアにアクセスする他者により読み取り、収集、および使用される可能性があることにご注意ください。当社ブログまたはコミュニティフォーラムからの個人データの削除を要望する場合は、privacy@mediamath.comまでご連絡ください。時として、当社が個人データを削除できない場合があります。削除が不可能な場合は、当社からその事実と理由をお伝えします。

当社は、本条に記載の個人データと、当社がプラットフォームにおいてお客様に関して有することのある個人データをリンクさせることはありません。

当社が自動的に収集する個人データ

大半のウェブサイトと同様に、当社は、ウェブサイト上でお客様向けにコンテンツが表示された場合に、特定の個人データを自動的に収集し、当社はこれをログファイルに保存します。この情報には、IPアドレス、ブラウザタイプ、インターネットサービスプロバイダー、参照元および離脱ページ、オペレーティングシステム、日時スタンプ、クリックストリームデータなどのデータが含まれ、これらは、お客様がお住まいの法域で個人データと見なされる場合があります。当社は、ログファイルに保存されているこうした個人データを、当社がお客様に関して収集するその他の情報とリンクさせることはありません。

当社はさらに、お客様がウェブサイトにアクセスした際に、お客様から個人データを自動的に収集し、特定のパートナーおよび下請業者に自動的に収集することを許可します。これは、クッキーやピクセルなど様々なテクノロジーを用いて行われます。下請業者の例としては、動画プロバイダーおよび電子メールサービスプロバイダーが含まれます。当社では、当社がクッキーおよびピクセルを用いてお客様からウェブサイト上で収集するデータをピクセルデータ(上記第3条で説明)に分類しています。当社のパートナーおよびサービスプロバイダーはまた、個人データを収集する場合があり、追加の第三者と同期し、提携している第三者にウェブサイトへのクッキーの設定を許可する場合があります。MediaMathがこうしたパートナーおよび下請業者を支配していないことに留意してください。こうした関係者がどのような個人データを収集しているか、クッキーをどのように利用しているか、また他の第三者とどのようにやり取りしているかを把握しておくため、こうした関係者のプライバシー声明を確認していただく必要があります。ウェブサイト上で当社が使用するクッキーやピクセル(上記パートナーおよび下請業者のリストを含みます)、およびオプトアウト方法に関する詳細情報については、当社のクッキー通知をご参照ください。

ソーシャルメディア機能とウィジェット

ウェブサイトには、ソーシャルメディア機能が含まれており、お客様は、Facebook、TwitterおよびLinkedInまたは電子メールなどのプラットフォーム上で、ウェブサイトからのニュース、イベントおよびブログ投稿を共有することができます。こうしたソーシャルメディア機能は、第三者がホストしており、お客様がこうした機能とやり取りする場合、その提供会社のプライバシーポリシーに準拠しますので、お客様はこれを読み、確実に理解しておく必要があります。

お客様の声

当社ではウェブサイト上に、ご満足いただいたクライアント様からの推薦の声を、その他の推奨と共に表示する場合があります。当社は、これらの推薦記事をウェブサイトに掲載する前に、クライアント様の許可を取得します。推薦記事の更新または削除をご希望のクライアント様は、privacy@mediamath.comまでご連絡ください。


処理の法的根拠

第5条の上記個人情報を収集および使用する当社のGDPRに基づく法的根拠は、関係する個人データおよび当社が収集する特定の状況により異なります。ただし、当社は通常、当社がお客様から同意を得ている場合、または処理が当社の正当な利益となる場合に限りお客様から個人データを収集しますが、これは、お客様の権利(オプトアウトする権利)により無効となるものではありません。当社が当社の正当な利益に依拠してお客様の個人データを収集および使用する場合、この利益は通常、ウェブサイトを運営し、お客様と通信し、お客様にマーケティング通信を送信し(適用法によりお客様の許可が求められる際は、お客様の許可を得た場合)、デジタルプロパティでお客様に広告を表示させることです。当社は、その他の正当な利益を有する場合があり、該当する場合、当社はしかるべき時期にこうした正当な利益がどのようなものかをお客様に明示します。

当社は場合によって、お客様から個人データを収集する法的義務を負う場合があります。当社がお客様に対し、法的要件を順守するために個人データの提供を求める場合、当社は、しかるべき時期にこれを明示し、お客様の個人データの提供が必須であるか否か(ならびにお客様が個人データを提供しなかった場合に生じうる結果について)伝えます。

当社が適用法によりお客様の同意を得るよう義務付けられる場合(例えば状況により、お客様にマーケティング通信を送信する際など)、当社は、お客様から同意を取得します。この場合、当社が個人データを処理する法的根拠は、お客様の同意となります。

当社がお客様の個人データを収集および使用する法的根拠についてご質問がある場合、または追加情報が必要な場合は、上記「お問い合わせ先」セクションに記載のいずれかの連絡先にお問い合わせください。

6. 当社がウェブサイトを通じて収集した個人データを使用する方法


お客様が提供する個人データ

お客様がウェブサイト上でまたは本条に記載のその他の方法で個人データをMediaMathに提供する場合、当社は、以下の業務上および商業上の目的でデータを使用することがあります。

  • お客様のお問い合わせに回答するため
  • お客様の事業を理解し、お客様に事業機会の可能性を提供するため
  • 製品およびサービスのマーケティングにおいてお客様の関心事項を把握するか、予測するため
  • お客様から提供された特定の個人データ(例えばお客様のIPアドレスまたは会社情報)を第三者から得た情報で補強するため
  • お客様と類似の個人でセグメント(グループ)を作成するため
  • MediaMathの製品およびサービス、情報リソース(ホワイトペーパー、報告書およびウェビナーなど)、業界ニュースおよび見解、ならびにMediaMathについての発表に関して、お客様に情報や提案を提供するため
  • イベント、教育機会または研修機会をお客様に案内し、招待するため
  • MediaMathの情報、提案および招待を他者と共有するよう求めるため
  • お客様の回答または行為を特定のマーケティングキャンペーン、活動およびチャネルに帰すると判断するため

お客様は、当社がお客様に送信するマーケティング通信に記載されているサブスクリプション解除手順を行うか、またはprivacy@mediamath.comに電子メールを送信することによって、いつでもマーケティング通信の受信停止を選択することができます。

当社が自動的に収集する個人データ

MediaMathは、トラブルシューティングおよびセキュリティの目的で、ウェブサイトのログファイルから得た情報を使用します。当社は、上記第4条に記載の目的で、ウェブサイト上でお客様から収集するピクセルデータを使用します。従って、第4条において当社クライアントに適用される各目的および活動は、MediaMathにも適用される場合があります。例えば、当社は、ウェブサイト上でお客様から収集するピクセルデータを使用して、お客様が他のデジタルプロパティにアクセスした際にお客様に広告を配信することがあります。また当社はビッドリクエストデータまたはインプレッションデータなど、こうしたデジタルプロパティ上でお客様から追加の個人データを収集する場合があります。当社は、クッキーやピクセルを用いてウェブサイト上で収集する他のデータを使用して、お客様が当社を知ることになった方法、お客様が当社の製品に関してどのように関心を持っているか、ウェブサイトおよびお客様向けのサービスの機能を改善する方法を判断するほか、動向の分析やウェブサイトの管理を行います。ウェブサイト上で当社が使用するクッキーやピクセル、およびオプトアウト方法に関する詳細情報については、当社のクッキー通知をご参照ください。

7. プラットフォームおよびウェブサイトから得た個人データの開示


当社は、上記第4条および第6条に定める業務上および商業上の目的で、お客様の個人データを以下のカテゴリの第三者に開示することがあります。

  • 当社は、英国、スペイン、フランス、ドイツ、シンガポール、ブラジル、日本、メキシコおよびオーストラリアの地域オフィスで行われる事業運営に関連して、以下のカテゴリに属する個人データを当社の関連会社に開示します。
    • MediaMath ID
    • ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ
    • ビッドリクエストおよびインプレッションデータ
    • 第三者のセグメントデータおよびその他の第三者データ
  • 当社は、当社によるクライアントや再販業者へのデジタル広告メディアとデータ管理サービスおよび製品の提供に関連して、以下のカテゴリに属する個人データをかかるクライアントや再販業者に開示します。
    • MediaMath ID
    • ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ
    • ビッドリクエストおよびインプレッションデータ
    • 第三者のセグメントデータおよびその他の第三者データ
  • また、当社は、クライアントからの指示に応じて、クライアントのデータを指定された第三者に開示します。
  • 当社は、クライアントから供給を受けたシードデータやその他のデータに基づくカスタムクライアントセグメントの作成に関連して、以下のカテゴリに属する個人データを当社のオーディエンスパートナーに開示します。
    • MediaMath ID
    • ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ
    • 第三者のセグメント
    • インプレッションデータ
  • また、当社は、オーディエンスの作成やモデリングに関連して、以下のカテゴリに属するデータを限られたオーディエンスパートナーに開示します。
    • ビッドリクエストデータ
  • 当社は、MediaMathクッキーIDと第三者パートナーのIDとの同期に関連して、以下のカテゴリに属する個人データを当社のクッキー同期パートナーに開示します。
    • MediaMath ID
    • ピクセルデータ
    • インプレッションデータ
    • その他の第三者データ(とりわけ、第三者のID)

当社は多数の関係業者(本ポリシーでは下請業者と記載します)と提携しており、当社のクライアントが求めるサービスの提供について関係業者が当社を支援できるように、当社からかかる関係業者に対して個人データを開示します。これらの下請業者が提供するサービスには、測定、可視化、位置に基づく属性および位置に基づくターゲティングプロバイダー、ダイナミッククリエイティブの最適化、属性、不正行為の検出と防止、ユーザーの選択を履行する仕組みの提供、インフラストラクチャ、ストレージ、コンピューター配信コンテンツ、供給在庫の分析、報告などがあります。

当社は、電子メールサービス、イベント管理、当社のマーケティングデータベースの保守、ウェブ解析、採用、マーケティングおよび顧客関係の管理、ソーシャルメディアといったウェブサイトに関連して提供されるサービスなど、当社のウェブサイトの運営を支援する下請業者に対し、個人データを開示します。

当社は第三者および下請業者に対し、お客様の個人データのセキュリティを尊重し、適用法に従いこれを扱うよう求めています。当社はさらに、第三者によるお客様の個人データの使用について、許容範囲を定め、必要に応じてこれを制限します。当社は、下請業者に対し、当社のために実行するサービスに関連する場合のみ、当社の指示に従い、当社が提供する情報を使用するよう義務付けています。

MediaMathまたはその従業員、代理人、および請負業者の法的権利ならびにそのクライアントもしくはその他の第三者の法的権利の確立もしくは保護、当社ウェブサイトのユーザーおよび訪問者の安全とセキュリティの保護、不正防止、または法律もしくは法的手続の順守に、情報の共有が必要であると当社が見なす場合、当社は個人データを開示します。

情報の共有が法律によって義務付けられる、または許可される場合(例えば、召喚状への応答、拘束力を有する裁判所命令、法的手続、または政府要請への対応など。国家安全保障上または法律執行上の要件を満たすための公的機関への対応を含む)、当社は個人データを開示します。

MediaMathが事業の全部または一部を処理または売却し、資産を売却または譲渡し、またはその他の方法で合併または事業譲渡に関与する場合、当社は、その取引の提案や実行の一環として、第三者に個人データを移転または譲渡する場合があります。

当社は、当社クライアントに代わりプラットフォームで実施されるキャンペーンに関連する匿名情報、集計情報、または要約情報を公開する、またはその他の方法で公表する場合もあります。例えば、当社は、ショッピングパターンにおける季節的トレンドや広告インプレッション機会における地域の差など、集計された統計データを反映したレポートを発表する場合があります。

8. 国際的な転送


当社がお客様から収集するお客様に関する情報は、米国など、お客様の居住国以外の国に転送・保管される場合があり、かかる国がお客様の居住国と同等レベルの個人データ保護を提供していない可能性があります。しかし、当社は、お客様の個人データが確実に保護されるよう、契約上の措置および/またはその他の措置を講じます。

EEA内の個人

MediaMathは米国に本社を置いており、その多くのパートナーまたはベンダーはEEA外に拠点を置いています。当社がお客様の個人データをEEA外に転送する場合は必ず、少なくとも以下のいずれかの措置を実施することで、同程度の保護を受けられるよう徹底します。

  • 米国に転送される場合は、当社または当社の該当するパートナーもしくはベンダーのプライバシーシールド認証に依拠すること。
  • 当社のグループ会社および該当するパートナーまたはベンダーとの間で、欧州委員会が承認する契約を締結すること。

EU・米国間およびスイス・米国間プライバシーシールド

MediaMath, Inc.は、EUおよびスイスからそれぞれ米国に転送された個人データの収集、使用、および保持について米国商務省が定めたEU・米国間およびスイス・米国間プライバシーシールドフレームワークを順守しています。

MediaMath, Inc.は、EUおよびスイスから受け取るすべての個人データについて、第三者への転送、セキュリティ、データの完全性&目的限定、アクセス、リコース、執行、および責任に対する通知、選択、説明責任のプライバシーシールド原則を順守することを米国商務省に対して申告しています。

本ポリシーとプライバシーシールド原則との間に齟齬が生じた場合、プライバシーシールド原則に準拠するものとします。プライバシーシールドに関する詳細、プライバシーシールドリストへのアクセス、および当社の認定の詳細については、https://www.privacyshield.gov/listにアクセスしてご確認ください。

プライバシーシールドに基づき、MediaMath, Inc.の下請業者がプライバシーシールド原則に反する方法でお客様の個人データを処理する場合、損害を生じさせた事象が当社の責任ではないことを当社が証明する場合を除き、MediaMath, Inc.がその責任を負います。

自身の個人データがプライバシーシールド原則に従って処理されなかったと確信するEUまたはスイスの居住者は、以下の方法で苦情を申し立てることができます。

  1. 上記「お問い合わせ先」セクションの詳細情報を利用して、MediaMath, Inc.に直接連絡することができます。当社は、苦情受付から45日以内に対応いたします。
  2. 2. 当社はさらに、プライバシーシールドに基づく未解決のプライバシー関連の苦情を、米国内に所在する代替紛争解決プロバイダーである米国商事改善協会(Better Business Bureau、「BBB」)を介して付託することにも尽力しています。お客様が苦情に対して適時に返答を得られなかった場合、または当社の対応に納得できなかった場合は、https://www.bbb.org/EU-privacy-shield/for-eu-consumers/にアクセスして詳細情報を確認し、直接BBBに苦情を申し立ててください。
  3. この他、さらなる調査を求めて、米商務省または連邦取引委員会に苦情の申し立てまたは付託を行うことも可能です。
  4. 上記の方法で解決できないこの他の紛争については、特定の状況下において、拘束力を有する仲裁手続を開始できる場合があります。プライバシーシールドの拘束力を有する仲裁制度に関する詳細については、https://www.privacyshield.gov/article?id=ANNEX-I-introductionをご参照ください。

連邦取引委員会は、当社のプライバシーシールドへの準拠に対する調査および執行権限を有します。

9. データの安全性および完全性


MediaMathは、当社が保有する個人データを偶発的な損失、不正な方法による使用もしくはアクセス、改ざんまたは開示から保護するため、適切な技術的対策および組織的対策を実施します。しかし、インターネットを介して伝送されるデータにはいずれも、完全に安全であるという保証はありません。MediaMathの管理対象外の第三者が、伝送または通信を違法に傍受したり、それらにアクセスしたりする場合があります。当社はお客様の個人データの保護に努めていますが、お客様が当社に伝送するデータまたは当社がお客様から収集するデータの安全性を確保または保証することはできません。当社は、個人データの疑わしい侵害に対処するための手続を実施しており、法により義務付けられる場合は、当該侵害についてお客様に通知します。

MediaMathは、収集の目的に適合・関連する方法で情報を処理します。これらの目的に必要な範囲において、当社は、当社の監視下にあるあらゆる情報がその用途に対して正確、完全、最新、かつ信頼できるものであることを確実にするために合理的な措置を講じます。ウェブサイト上、またはプラットフォーム経由のセキュリティについてご質問がある場合は、privacy@mediamath.comまでお問い合わせください。

10. データ保持


プラットフォーム上で収集されるデータの保持

上記の通り、当社は、お客様の個人データを様々な目的で処理します。当社がお客様の個人データを保持する期間は、処理の目的、個人データのカテゴリおよび特定の外的要因によって異なります。

当社は、ブラウザやデバイスでMediaMath IDを確認してから最大で13カ月間、MediaMath IDと、必要に応じて他のデバイスとの関連付けを保持します。

当社は、当社がプラットフォーム上で収集または受信するその他のすべてのカテゴリの個人データ(ビッドリクエストデータおよびインプレッションデータ、ピクセルデータおよびその他のクライアントデータ、ならびに第三者のセグメントデータおよびその他の第三者データ)を最長で13カ月間にわたり保持します。当社は、こうしたデータの大半を13カ月間より短い期間保持します。さらに、当社は、適用法に基づきユーザーの要求に応じて、クライアントからこれば要求された場合、またはクライアントとの契約が終了した場合に、個人データを削除することができます。またプラットフォームを通じて設定された大半のクッキーは、13カ月以内に失効しますが、トラッキングに使用されない特定のクッキーは、当該クッキーが当社の適法な事業目的に必要である限り、更新されます。

ウェブサイト上で収集されたデータのマーケティング目的での保持

お客様が当社に対し、当社のウェブサイト上でまたは上記第5条に記載のその他の方法を通じて個人データを提供する場合、当社は、お客様の情報を当社の適法な事業目的に必要である限り、保持します。例えば、お客様がアカウントにサインアップする場合、またはウェブサイト上で情報を要求する場合、当社は、お客様が当社から情報を受信することに関心があると考えられる限り、お客様が提供したデータを保持します。同様に、当社は、当社の適法な事業目的に必要である限り、ログファイルを保持します。

当社は、「プラットフォーム上で収集されるデータの保持」のセクションで当社が上記の通り収集するピクセルデータを保持します。

11. お客様の法的権利


MediaMathは、状況により、お客様が自らの個人データに関して、データ保護法に基づき特定の権利を有することを認めます。お客様の所在地によっては、当該権利には、お客様の個人データにアクセスする権利、特定の個人データを修正する権利、自らの個人データを削除する権利、自らの個人データの特定の処理に反対する権利、自らの個人データの特定の処理を制限する権利、持ち運び可能な形式で個人データを受け取る権利、自動処理のみに基づく決定の対象とならない権利が含まれます。適用法により義務付けられる場合および許可される場合はその範囲で、当社はお客様に対し、お客様に関して所有する個人データへのアクセスを許可した上で、お客様が不正確な情報を修正すること、特定の状況において(お客様がウェブサイト上に電子メールアドレスを投稿した場合など)個人データを削除すること、お客様の個人データの特定の処理につき反対し、制限すること、個人データをポートすること、または自動プロセスのみに基づく決定の対象とならないことを選択することを許可します。

お客様がこうしたいずれかの権利を行使することを希望する場合は、privacy@mediamath.com宛に当社までご要望をご送付ください。当社は、適用法に従いご要望に対応いたします。

状況により、カリフォルニア州居住者にはCCPAに基づく以下の権利があり、以下の方法でそれを行使できます。


当社によって収集、使用、開示および/または販売されたお客様の個人情報について知る権利
当社がお客様から収集した個人データを削除する権利
お客様の個人情報の販売からオプトアウトする権利
CCPAに基づく権利の行使によって差別的扱いを受けない権利 MediaMathがCCPAに基づく権利を行使したお客様に対して差別的扱いをすることはありません。

お客様のご要望に応じるため、お客様の身元やお客様に代わって要望を提出した第三者の権限を確認できる追加情報の提供をお願いする場合があります。これは、セキュリティの予防対策として、当社が個人データを不適切な人物に開示しないよう徹底するために行われています。